2019年05月19日

メイズ・ランナー



2018年6月22日の深夜にメーテレで放送されたこの映画を録画しておいて見た。

トーマスという青年が地下からリフトにのせられて地上へと上がってきた。
そこは高い壁に囲まれていて巨大な扉が朝になると開き夜になると閉じる。
扉の向こうは迷路になっていて誰も脱出できないでいた。
若者ばかりが数十人いて共同生活を送っていた。
彼らも皆、トーマス同様に何者かに送り込まれていた。
月に1回生活物資とともに新入りが送られてくるのだ。
全員過去のことは名前しか覚えていなかった。
走力のある者がランナーとして扉が開いている間に迷路の中を走って脱出経路を探していた。
ある日、迷路の中からランナーが帰ってきたのだが様子がおかしい。
迷路の中にいる怪物に襲われて刺されてしまっていた。
その男はトーマスに襲い掛かって「お前のせいだ!」と言い放つ。
そしてリフトにのって初めて女が上がってきた。
その女はトーマスの顔を見てその名前を叫んだ。
いったいトーマスは何者なのか?
疑心暗鬼が広がる中、脱出へのサバイバルが始まるのだった・・・

2014年の作品である。
3部作の1作目である。
近未来ものという感じであった。
まだあと2作あるので謎が多く残ったまま終わってしまった。
とりあえず世界観がわかっただけだ。
これを見ただけでは何とも言いようが無いというのが実感である。

今時の作品にしては結構面白かった。
人間関係の描写がよくできていた。
リーダーとして群れを引っ張っている者、気さくでいい奴、人懐っこい奴、嫌な奴、その他大勢。
世の中の縮図のような感じだった。
続編をどこかで録画できるといいのだが。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 映画評論・レビュー ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 04:53| Comment(0) | テレビ洋画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: