2018年11月25日

トップガン



11月24日にBS朝日で放送されたこの映画を実況しながら見た。

アメリカ海軍の航空隊基地。
パイロットのマーヴェリックは天性の才能と野生の勘で乱暴で無鉄砲な操縦をしていた。
ある日、国籍不明の戦闘機が領海侵犯し仲間とともに対応するが、
その無茶な操縦を上司に咎められてしまう。
しかし、ひょんなことから相棒のグースとともに訓練学校に送られる。
そこはエリートパイロットが空中戦の技量を磨くための場所で通称トップガンと呼ばれていた。
マーヴェリックは歓迎パーティでひとりの女に一目惚れしてしまう。
その場ではあっさりと振られてしまったのだが翌日に学校へ行くとその女がいた。
彼女はチャーリーという民間人の学者で教官をしていたのだ。
マーヴェリックの才能と実力を知ったチャーリーとはいつしか恋愛関係になっていた。
ライバルのアイスマンと切磋琢磨しながら訓練を続けていたマーヴェリックだったが、
訓練中に機械の故障によって機体が制御不能になり、
脱出の失敗によって相棒のグースが死亡してしまった。
自責の念に駆られてすっかり弱気になってしまったマーヴェリック。
このままトップガンを卒業するか海軍を辞めてしまうか迷っていた。
そこに緊急出撃命令が下る。

1986年の作品である。
当時はかなり流行っていてトムクルーズが一気に大スターになった。
当時俺は高校生でおそらくそこそこ関心はあったはずだがおそらく劇場では見ていない。
テレビでは何度も見ている。

ストーリー自体は何てことの無い話だが、
コミカルな場面とシリアスな場面とのメリハリが絶妙なのである。
そして主題歌や挿入歌がそれぞれの場面ととても合っている。
テンポよく進んでいく展開とともに見ていてとても心地がいい。
娯楽作品としての完成度がとても高い。

この作品の影響で当時は海軍への入隊希望者が激増したんだそうな。
日本でもベストガイなるこの作品を真似た映画があるのだが、
自衛隊の全面協力で作られたにもかかわらず評判はよろしくなかった。
そりゃまぁ戦闘シーンが無いんだから誰も憧れたりしないわな。
日本では先に憲法を改正しなきゃ。

続編が製作されているそうで公開が2020年とのこと。
新作が過去のヒット作の続編や焼き直しばかりで、
ハリウッドにネタ切れ感が漂ってからもうずいぶん長いが、
ついにこの作品もかよ・・・
でもおそらく見に行くことになるだろうな。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 映画評論・レビュー ブログランキングへ


posted by ひ辻 at 04:58| Comment(0) | テレビ洋画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: