2017年09月04日

マッドマックス



9月3日にBSフジで放送されたこの映画を実況しながら見た。
言わずと知れた大ヒットシリーズの1作目である。

近未来のオーストラリア。
ナイトライダーと名乗る暴走族が暴れていた。
暴走族の追跡専門の警察官のマックスは同僚のグースの連絡でナイトライダーを追跡。
後ろにピッタリとくっつかれて恐怖を感じたナイトライダーは操作を誤って事故死した。
ナイトライダーの友人のトーカッターは警察への復讐を誓う。
トーカッター率いる暴走族たちはグースを襲撃。
車を横転させられ火をつけられて殺されてしまう。
暴走族への激しい怒りから自身も暴走の虜になってしまうことを恐れたマックスは上司に退職を申し出る。
そんなマックスを何とか引き留めようと上司は1ヶ月の休暇を与える。
しかし、マックスを狙っていた暴走族はマックスの妻子を襲撃。
バイクで轢かれて息子は死亡、妻は重体となってしまった。
怒りが頂点に達したマックスは暴走族に復讐すべく動き出すのだった・・・

1979年公開の作品である。
俺は当時小学生だったのでそのずっと後にテレビで何度も見ている。
大好きなシリーズである。
このシリーズの3作目は当時高校生だったので劇場で見ているような気もするのだが記憶には無い。
4作目はどうしようか迷っていたら見逃してしまった。

メルギブソンの出世作だな。
とにかく若いわ。
シュッとした感じの青年が2作目からはワイルドになっていく。
リーサルウェポンシリーズといいこれといい俺は結構見ているな。
好きな俳優のひとりだ。

この手の近未来もののベースになっているような作品である。
この映画の成功で似たような作品がもの凄く作られている。
暴走族がヒャッハーと叫ぶおなじみの光景はここから始まったんだな。
まぁどいつもこいつも好き勝手にやりたい放題である。
この残虐性がある意味、爽快感にも繋がっているんだろうな。
現実社会ではいろんなことに縛られて生きている庶民としては、
映画くらいは思いっきり暴れてスッキリしたいのだ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 映画評論・レビュー ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 04:07| Comment(0) | テレビ洋画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: