2017年07月10日

フェイク



7月9日にBSフジで放送されたこの映画を実況しながら見た。

1978年のブルックリン。
FBI捜査官のジョーはマフィアへの潜入捜査を命じられる。
ドニーという偽名を使ってマフィアへの接触を狙っていた。
最初に出会ったのがレフティというソニーブラックという組織の末端の構成員だった。
レフティは仕事には忠実なものの出世には縁遠い男であった。
聡明で行動力のあるドニーに息子のような愛情を感じ始めるレフティ。
レフティの手助けもあって組織の中で徐々に頭角を現していくドニー。
そんなドニーが掴んだ数々の証拠によって作戦は着実に成果を上げていた。
しかし、マフィアとして生活していく中でだんだんとドニーとの境界線が曖昧になっていくジョー。
そんなジョーの仕事を理解しようとしない妻とは口論が絶えなかった。
順調な仕事とは対照的に私生活が狂い始めていた。
FBIから行き詰っているマイアミでの捜査に協力を求められたジョー。
ブルックリンの組織に儲け話を持ちかけてマイアミへおびき寄せることに成功した。
それがきっかけでマイアミの組織との抗争が始まり激化していく。
ジョーの身に危険が迫っていることでFBIは撤退を勧告するのだが、
それはドニーを組織に引き入れたレフティが殺されてしまうことを意味していた。
ジョーは職務と友情のはざ間で苦悩するのだが・・・

最近のかと思っていたら97年の作品である。
まだかろうじてハリウッドがギリギリ面白かった頃だ。
主演はジョニーデップとアルパチーノである。
ジョニデはてっきりファンタジー専門なのかと思っていたが、
こんなシリアスな作品にも出ていたんだな。
ただやはりパイカリとかのイメージが邪魔をしてシリアスなシーンがイマイチピンと来ない。
アルパチーノもいかにも大物の風貌なのに雑魚の役ではやはりピンと来なかった。

ストーリーとしてはよくある潜入捜査モノの内容であった。
そこはそれなりに面白かったのだが、
ジョーの嫁のうざいことうざいこと・・・
この手の捜査官の嫁ってのは全く仕事を理解しないクズキャラばかりだな。
夫が高級取りであるがゆえに裕福な生活をさせてもらっているのに、
潜入捜査官であるがゆえの行動を理解しようとせずに理不尽な文句ばかり。
逆に毎日定時に帰ってくる薄給取りだったら貧しい生活を嘆くだろうに・・・

ドニーが潜入捜査官だとFBIから知らされても、
それをなかなか信じようとしないマフィアたちになんだか人間味を感じてしまった。
レフティは組織のボスから呼び出された時、
どうせこうなるならその相手がドニーで良かったと妻に言って家から出て行った。
おそらく粛清されることを暗示しているのだろうが、
最後まで友情を貫いたレフティの哀愁になんだか感動してしまった。
案外深い作品なのかもな。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 映画評論・レビュー ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ洋画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック