2017年03月21日

ソルジャー



3月18日の深夜にBSフジで放送されたこの映画を実況しながら見た。

生まれると同時に将来を決められてしまう近未来の地球。
戦士に選ばれたものは人間らしい感情を奪われ、
殺戮部隊の精鋭になるべく徹底した教育を受ける。
5歳で脱落者は抹殺され17歳まで生き残ったものだけがソルジャーとなれる。
ベテランのソルジャーであるトッドは戦果を挙げてきたのだが、
遺伝子操作によって生み出された次世代ソルジャーとの戦いに敗れてしまい、
瀕死の重傷を負ったまま宇宙の果ての廃棄物投棄惑星にゴミと一緒に捨てられてしまう。
その惑星は地球から密かに移住してきた人たちが平和に暮らしていた。
移民たちの手当てによって一命を取り留めたトッド。
戦う以外のことを知らなかった彼は移民たちとのふれあいの中で少しずつ人間の心を取り戻していく。
そんな時、ソルジャー部隊が訓練と称して移民たちに攻撃を仕掛けてきた。
そして次々に殺されていく移民たち。
怒りに燃えるトッドは人々を守るためにソルジャーたちに戦いを挑むのだった・・・

1998年の作品である。
B級テイストに仕上がってはいるが結構金が掛かっているような映像であった。
実際、6,000万ドルも掛けられいるんだそうな。
そして、1,400万ドルの興行収入で終わったんだそうな。
カート・ラッセル主演のSFアクションなんだからそこそこ受けそうな気もするのだが、
何だかどこかで見たことがあるようなネタを繋ぎ合わせたみたいな感じなので、
そこがダメだったのだろうか?
日本の昔のOVAによくありそうなストーリーだなと思った。

主役が人間らしい感情を奪われてしまっているという設定なのでほとんど言葉を発しない。
これではカートラッセルの無駄使いだわな。
大作として作るならもっと感情豊かな設定にすべきだろうし、
この設定なら低予算のB級映画の方があっているだろうな。

B級映画と捉えれば結構面白い作品にはなっていたと思う。
実況しながら見るにはちょうどいいくらいのレベルだ。
もっと本当の低予算のB級映画も昔はテレビでよくやっていた。
俺は超大作よりもそういうチープな作品の方が好みである。
どこから見つけてきたんだというような胡散臭い作品をまた見たいなぁ・・・

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 映画評論・レビュー ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ洋画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック